天職はなかなか見つからない!それでも看護師求人サイトを利用すれば・・・

1ページにつき1つの画像だけにサイト概要を入れる 現在の医療現場の特徴として、多くの求人情報が溢れており、また看護師の絶対数も増えているにもかかわらず、マッチングがうまくいかずに看護師の多くが転職⇒退職を余儀なくされている、ということが挙げられます。つまり、看護師の求める職場・職種と、病院やクリニックが求める人材とがマッチしていないのでしょう。
また、表だっては挙げられませんが、職場の雰囲気や人間関係、また残業の異常な多さや休日出勤による疲労やストレスの蓄積で、どんどん看護師さんが辞めていくという現状もあります。

そこで、雇用する側とされる側とがうまくマッチングできる関係づくり、これを代行してくれるシステムが誕生しました。それが、登録制の看護師求人情報サイトです。
登録はネットで簡単、しかも面接同行やお任せの履歴書作成など、求職者にとっては非常にありがたいシステム。
しかし、だからといって、誰もが天職や素晴らしい職場にありつけるわけではありません。やっぱり、結局は人対人。人間力が最後には物を言います。
ただ、そのとっかかりとして、いろんな求職の糸口が数多くあるというのは、さまざまな可能性を見いだせるということに他なりません。たくさんの職場を経るうちに、自分にぴったりの職場が見つかるかもしれません。自分ひとりの力では発見できなかった世界が広がる可能性も出てくるわけです。

とにかく、悩んでみる前に、動いてみることです。案ずるより産むが易しで、いろんな看護師求人サイトに登録するのは、そんなに勇気がいるものではないのです。



総合病院で働く看護師について

総合病院にはかなりの人数の人が働いているかと思います。 そんな中、看護師の数もかなり多いのではないでしょうか?

総合病院で看護師として働く、というととても大変そうと思うかもしれませんが、一度看護師としてきちんと経験を積んでいるのであれば、そこまでしり込みをすることはないのかもしれません。

個人病院や小規模の病院との違いはもちろんあります。 大きな点は電子カルテなど、データで患者さんなどの情報やさまざまな情報が管理されているという点になります。 そのため、カルテの管理など、そういった情報の管理に追われることがなく効率的に働くことができるのです。 もちろん、日々患者さんはふえていきますし、管理するべき情報も増えてはいきます。 しかし、総合病院はスタッフが多いのもまた一つの特徴になります。

スタッフが多いということは、それぞれが専門の仕事をしやすいということです。 看護師は看護師としての仕事に力を入れやすくなります。 医療事務や、受付事務の人にそういった事務仕事はまかせて、自分の仕事をしやすくなるのも、総合病院で働く看護師の特徴かもしれません。

ただ、総合病院で働く場合、間違いなく夜勤は必須といえるかと思います。 個人の小児科などであれば、決まった時間に勤務をして残業も夜勤もなく帰宅することができるかもしれません。 しかし総合病院では当直、夜勤は必須になりますので、総合病院に務めるときはそういった点を含めてよく考えておく必要があります。

個人病院で働く看護師について

子供のころ近所の看護師さんに親切にしてもらって、そこから看護師を目指すようになった、なんていう方もいるのではないでしょうか。 それくらい個人病院というのは、身近な存在であったりします。

そんな個人病院で働く看護師というのは、どういった特徴などがあるのでしょうか?

基本的に個人病院で働くということは、総合病院で働くというのとは違う忙しさがあります。 個人病院の場合、スタッフなどが少ないことも多く、看護師の人がほかの業務を兼任する可能性がとても高くなります。

受付の人はいるかもしれませんが、その他の事務仕事や、カルテの管理などかなりさまざまな業務をしなければなりません。 しかしその分患者さんに触れ合う機会も増えて、よりアットホームに働いていけるかと思います。

また個人病院の場合、大体の場合はクリニックなどのことが多くベッドがないという病院がほとんどになるのではないでしょうか。 そういった場合、夜勤がないということになります。

夜勤がないということは、朝出勤をして、よる決まった時間に帰って来ることができるということになるのです。 そのため、安定をした生活リズムで生活をしていきたい人、子供がまだ小さくて夜勤などはしたくないという看護師さんにはぴったりと言えます。

ですが夜勤は看護師にとって重要な収入源ですので、夜勤がないということで多少なりとも年収が下がるのは仕方がない部分になってしまうといえるのではないでしょうか。

会社で働く看護師について

看護師というと病院、というイメージが一般的なものかと思いますが、会社や企業にも看護師さんがいるということもあります。

会社で働く看護師の仕事というと、基本的にはその企業の従業員の人たちの健康管理ということになります。 大体の場合、諸族は人事務となり医務室に勤務をすることになり、また工場などがある場合は現場に常駐をするというスタイルもあるようです。

また診療所があり、医師が在中しているような会社の場合は、通常の診察をおこなっていたりしますので、診察の補助や採決などを行うというケースもあるようです。

会社で働くということになると、ほぼカレンダー通りの休みがとれるということ、そして夜勤がないということから病院とは違った勤務形態をとることができ、最近ではとても人気の看護師の求人と言えるでしょう。

そんな会社で働く看護師の給与ですが、給与自体がとても良くなるかというとそういったことではないかと思います。 というのは、その会社によって変わってくるということになりますので、一概には言えないのです。 ですがこの状況下で、会社に看護師をおけるというのはかなり安定した会社になるかとおもいますので、そういった安心感はあります。 また夜勤なしで、安定した給与になるというのは、精神的にも得るものは大きいのではないでしょうか?

こういった会社での求人というのは、基本的に数がとても少なく人気ですので普通の求人で見るのは少し難しいかもしれません。 ナースの求人サイトなどでも、おそらく非公開で終わってしまう可能性が高いのです。 どうしても会社で働きたい場合は、こういったサイトにいくつか登録をしておくとよいかもしれません。

老人ホームで働く看護師について

看護師というと、一般的な病院の看護師さんしか思い浮かばないというのが普通ではないでしょうか? しかし看護師の仕事はいろいろなものがあり、またいろいろな場所で必要とされているのです。

そんな看護師の仕事は、老人ホームでも大きな需要があります。 老人ホームで求められる看護師の仕事というのは、一言で表すと入居している人の健康管理ということになります。

老人ホームというのは、病院とは全く違うものになります。 病院は様々な人が理由をもって訪れる場ですが、老人ホームは一定の人の生活の場になります。 そのため、老人ホームには医師がおりませんし、医療行為などにあたるものは看護師がおこなっていくことになるのです。

ではどういったことを行っているのか、簡単に紹介をしていきましょう。

・処置
インスリンであったり、胃ろうであったりを、時間や必要にあわせて処置をしていきます。

・食事の状況把握、介助
重介護者への食事の介助をしたり、また自分で食事をとっている高齢者の状況を把握します。

・コミュニケーション
入居者とのコミュニケーションも重要な仕事の一つです。 つらいこと、痛いところはないか、といったことを日々のコミュニケーションで把握をしていく必要があります。

食事の介助や、コミュニケーションは基本的には介護の仕事の人が行いますが、看護師がやらないという仕事のわけではありません。 こういった仕事の内容になることから、長期的に高齢者とかかわっていくことができる人、好きな人、また違う職種のスタッフとチームとして仕事に取り組んでいくことができる人が、老人ホームで働くのに向いていると言えるでしょう。

保健所で働く看護師について

看護師が働く場所というのはいろいろあります。 その中の一つとして、保健所があるのです。

保健所というと、保健師さんがいるのでは?と思うかもしれませんが、実は見た目には保健師さんと看護師の違いはわからないことがほとんどです。 実際の仕事内容も、一部の仕事は保健師のみに認められているというものもあるようですが、大半の仕事は看護師が行っても問題がない仕事となります。 そのため、保健師の資格を持っていなくても、看護師が保健所で働くことは可能になっているのです。

保健所の目的は病院とは違い、決まった病気の治癒ではなく地域の人の健康の維持になります。 そのため、予防や指導を目的としていると言えるでしょう。

・妊婦、乳幼児の健康診断
・妊婦、乳幼児の歯科相談
・母親学級
・栄養相談
・子供の発達の相談
・健康相談

こういった仕事を行っているのです。

こういった仕事の中では、さまざまな測定や、検温といった看護師で問題がない医師のサポートの部分の仕事がふくまれているために、それほど保険師の資格は気にしなくても大丈夫と考えられます。

そしてこの保健所の看護師というと実は様々なメリットがあるのです。 土日祝日がやすみで、急患などもないことから残業もないですし、当然夜勤もありません。 また市町村にやとわれるという形になることから、給与は公務員待遇ということになり、かなり安定した年収が期待できるのです。 保健所の求人というのはなかなか目にすることができないのですが、転職サイトなどの非公開などであるかもしれませんので、そういった方法を使うのがよいかもしれません。

看護師という資格の強み

看護師という仕事は、とても大変ではありますがさまざまな強みがある資格といえるのではないでしょうか?

・仕事を探しやすい
看護師は常に人出が不足した状態にあるというのは、看護師をしている人でもそうでない人でもご存知のことかと思います。 女性の場合、看護師の年収というのはかなり高い水準にあるのにもかかわらず、常に不足をしている、ということは自分が探す立場になってしまえばとてもありがたいことと言えるのです。

もちろん看護師の仕事は、夜勤があったり人の生死を見ることになったりととてもつらい面もあります。 その反面やりがいがあり、ずっと成長をしていける仕事でもありますので、長く働いていきたいとおもう看護師の人も多いようです。

・ずっと成長できる
看護師は資格がなければできませんが、資格があればそれだけで良いということではありません。 看護師として働きながら経験をつみ、よりたくましくなっていくものです。

とても大変ではありますが、やりがいがない仕事が多いと嘆く人が増えているこの時代、ある種強みといえるかもしれません。

・年収が高い
上でも触れましたが看護師は女性の場合、かなり高い水準の年収を保っているようです。 そんな中でも、手術室の看護師といった形で、さらなるスキルアップ、経験を重ねていくことで、より高い年収を目指すこともできます。 このように経験や、スキルが年収に反映されやすいのも看護師という資格、仕事の強みと言えます。